www.mykonosmiami.com
車を売却する時、そして愛車の買取のさいも印鑑証明という書類が必要になってきます。この印鑑証明について解説していきます。印鑑証明というのは、その印鑑が実印で間違いないということを保証するための書面です。これがないと、その印鑑について実印で間違いないことが証明できません。大きなお金が動く商談になる車の買い取りのため、必然的に実印が必要ですが、それと同時に印鑑証明という書類が出てきます。印鑑証明という書類をつくるためには、あらかじめ印鑑証明の手続きをすることが必要です。書類に登録するはんこは普通、実印と呼ばれていて、世界で唯一の印鑑であることが条件です。この実印を準備して、自分が住む役所の案内係に行けば、印鑑登録をすることができます。手続きが終わると印鑑登録カードがもらえて、そのハンコは実印として認められたということになります。印鑑証明を発行してもらうには、役所の窓口で、専用の用紙に必要事項を書き込んで、印鑑登録カードを出す必要があります。そして自動交付機を使って印鑑証明を交付してもらうことができます。印鑑証明そのものには有効期限などはありません。なので、どれだけ前の印鑑証明でもその効力はあるということになります。しかしながら、中古車売却のときには、必須条件として現在より3ヶ月以内に交付されたものでなければ無効になります。ほとんどのケースで期限を定める必要はないですが自動車買取の際は、相手側が有効期限を決めているので、仮に中古車買取を予定しているとしたらあらかじめ持っておくことが必要です。